はじめての方へ

幸せはうつる!

幸せはうつります!

つまり、不幸せもうつります!

これは、科学的に証明された事実です。

あなたが幸せなら、周りにいる家族も友人も幸せになります。

でももし、あなたが不幸せなら、周りにいる家族も友人も不幸せになりやすいでしょう。

もし、愛するパートナーや子ども、家族に幸せになってもらいたいのなら、まずあなた自身が幸せになることです。

国際ウェルビーイング協会では、「幸せのおすそわけ」を通して、『日本中、世界中、全ての人が、健康で幸せである』ための活動を行っています。

では具体的に、どうしたら幸せになるのでしょうか?

体と心が健康で幸せになる方法

体と心が健康で幸せあることを、多くの人が望んでいます。

今まで様々な学問や医学・研究で、『健康』や『幸せ』に関する調査や実験が行われてきました。

その結果、「どうすれば人が健康で幸せになれるか」ということが分かっています。

ですが、あまりにその情報が多く煩雑すぎて、実際に何を取り入れて行えば、本当に健康で幸せになれるかが分からないのが現状です。

それらを整理して、本当の健康と幸せにとって必要なものを抽出して、実践的に日本人に合うようにまとめたものを、国際ウェルビーイング協会では提供しています。

体と心の『人間総合学』:人を全体的に見る

健康で幸せにする事実があれば、実践する価値がある

健康と幸せに関する科学的なデータは膨大にあります。科学的に証明はされていないけど、大切なことも山ほどあります。

例えば、人は音楽に感動しますが、なぜ感動するかは科学ではまだ証明しきれていません。でも感動し、幸せな気分になるのは事実です。

ですので、科学的に証明されたものも大切ですし、まだ科学で証明されていないものも大切です。

健康で幸せにする事実があれば、何であれ実践する価値は大いにあるでしょう。

大きな視点で捉えることがあなたの可能性を広げてくれます。

切り離さず、全体を捉える

また、様々な学問や医学・研究は、それぞれの分野で切り離して考えていて、全体を見れていないものが多いのが現状です。

例えば、その人の健康や幸せを阻害しているのは、肉体的な問題かもしれないし、心の在り方の問題なのかもしれない。

食習慣かもしれないし、考え方なのかもしれない。家族や人間関係の問題かもしれない。

もしかすると、その全てかもしれない。

なのに現代医学は、病気となっている体の部分は見ますが、その人の思考や感情は専門としていません。

心理学は、心の部分は専門ですが、肉体的な部分は専門ではありません。

でも、体と心は密接に繋がっているという事実は確かです。なので、その人の全てを見ることが出来ていないと問題が解決しないことが多いのです。

だから、病気や不調になる人は絶えませんし、幸せになれない人も多いのだと思います。

なので解決する方法は、その人の全体を見ることであると私は考え、人の健康と幸せに関する総合的な考察を『人間総合学』と名付けました。

なぜ、健康で幸せになれるのか?従来とは違う、新しい3つ要素

国際ウェルビーイング協会で行っている『健康で幸せにする活動』は、下記の3つの部分で従来の方法とは大きく違っています。

1.体と心を総合的に見る
2.理論的で実践的である
3.日本人に合う方法で実践

1.体と心を総合的に見る

従来の健康法や幸せになる方法は、『健康法なら体の改善』、『幸せになるなら心の改善』でした。

でも、実はそうではないのです。

個人個人、どうしたら健康になれるか、幸せになれるかは違います。
実は大きく分けて、2つの人に分かれるのです。

・体から改善すると良い人
・心から改善すると良い人

例えば、イライラする人・情緒不安定な人は、心の問題だと思いがちです。
でも、それがホルモンバランスや自律神経の乱れによるものなら、体の問題なので、体を改善する必要があります。

間違ったアプローチをしないためにも、体と心を総合的に見ることが必要です。

2.理論的で実践的である

理論と実践、この両輪が健康で幸せになるためにはとても大切です。

特に実践。

本を読んだだけで満足して、実践しない人がほとんどです。人は知識を得ると、やったつもりになってしまうからです。

実践しなければ、健康にも幸せにもなれません。でも、やる事が多いと実践するのも嫌になってしまいます。

ポジティブ心理学や脳神経科学だけでも、「これをやると幸せになれる」と伝えている科学的根拠に基づく方法は、100以上あります。

多すぎて大変ですよね。

なので、国際ウェルビーイング協会では、本当に健康で幸せになれる重要なエッセンスだけを抽出し、実践するようにしています。

3.日本人に合う方法で実践

健康や幸せに関する研究や科学的なデータの多くは、海外のものです。

例えば、ダイエットも欧米式のダイエットが多いですよね。だから日本人には合わず、ダイエットに失敗したり、続かなかったり、リバウンドすることが多いのです。

外国人と日本人では、体が違いますし、心も、考え方も価値観も違います。なので、参考にはできますが、日本人に最適だとまでは言えません。

なので、国際ウェルビーイング協会では、日本人の体、日本人の心・価値観に合った方法で、健康と幸せになる方法の実践を行っています。

国際ウェルビーイング協会
代表:ハタサトシ