ぽっこりお腹はもう嫌!下っ腹ダイエットで即実践できる4つの方法

ぽっこりお腹はもう嫌!下っ腹ダイエットで即実践できる4つの方法

こんばんは。若返り体操教室(アンチエイジング エクササイズ教室)でダイエットの指導もしている、『体操ドクター』の羽田です。

下っ腹ダイエットのレッスンをしていると、よく話の中で出てくる言葉があります。

「なぜか下っ腹だけが、ぽっこり出てるんです・・・。」

そう!『なぜか』下っ腹が出てしまうんですよね~。しかも、ぽっこりと。困ったもんです。しかも強敵なんだな、このぽっこりお腹が。

「まぁ、それはしょうがない事です。年齢とともに・・・。」なんてことは、私、絶対に言いません!!!下っ腹ダイエットの専門家ですから(笑)

今日はその『なぜか』の原因を、体の冷えの視点から解説していきます。そして、下っ腹ダイエットに効果的な対策もしっかりとお伝えしていきます。

下っ腹がぽっこりとなってしまう原因を知り、その対策を行うことで、頑固な下っ腹もだんだん凹んでいきますよ!

下っ腹ぽっこりになる原因(1):内臓脂肪や皮下脂肪が多い

ぽっこりお腹はもう嫌!下っ腹ダイエットで即実践できる4つの方法

下っ腹は、内臓脂肪や皮下脂肪がつきやすい部分です。それが原因で下っ腹がぽっこりになる女性は多くいます。なぜお腹に脂肪が付きやすいかというと、お腹には内臓がありますよね。内臓は生きるために、とても重要なものです。だから、決して冷やしてはいけないんです。

冷えると内臓の活動が危うくなります。なので、その冷えから内臓を守るために、脂肪がつき、内臓の温かさを保とうとする訳です。特に女性は、下腹部に子宮があります。とても大切な臓器です。

子宮を冷えから守ろうと、脂肪を蓄えようとするのは、人間のDNAに入っている本能によるものなので、防げないんです。

「防げないのか~、どうしよう。」と困る必要は全くありません。

冷やさなければイイ!!!ただそれだけの事ですから。

下っ腹に脂肪がついている方の対策はコレ!

  • お腹を絶対に冷やさないこと!
  • 冷たい飲み物や食べ物は、極力控えること!
    カフェやファミレスで、ついつい冷たい飲み物を頼んでしまいますよね。しかも、氷がガンガンに入ったやつ。これからは、温かい飲み物の方をなるべく選んでいきましょう。でなければ、せめて氷なしで。
  • 外出時でも、家の中でも、寝ている時も、緩めの腹巻をすべし!
    とにかくお腹や腰を温めてください。きついサイズの腹巻では血行に良くないので、緩めをおすすめします。へそ出しファッションは、お腹の冷えの天敵ですので、くれぐれもしないでくださいね。

下っ腹ぽっこりになる原因(2):足の冷え(冷え性)

下腹ぽっこりになる原因:足の冷え(冷え性)

お腹の冷えは、今お伝えした通り、下っ腹ぽっこりの原因になりますが、実は、足の冷えも下っ腹ぽっこりの原因になります。

なぜかというと、それは血液の循環が関係しているからです。足が冷えていると、当然、足にある血液も冷えています。その冷えた足の血液は、心臓へ戻っていくのですが、その冷えた血液が心臓へ入ってしまっては、心臓がびっくりします。なので、心臓に戻る前に、血液を温かいものにしないといけないのです。

では、どこで血液が温められるかというと、お腹になります。足から心臓へ戻る途中にお腹がありますよね。そのお腹の熱を使って血液は温まります。

冷たい血液を温めたため、その分お腹の熱は奪われます。お腹が冷えた状態です。すると、先ほども言ったように、お腹には、生命維持に必要な臓器があるので、内臓を温かくするために、脂肪をつけていきます。

たかが冷え性・足の冷えと、あなどってはいけません!

お腹の熱が奪われると言いましたが、言い方を代えると、下腹部の熱、子宮の熱が奪われるとも言えます。

女性にとって大切な子宮の熱が奪われてしまうと、子宮の機能は低下し、妊娠しづらい状態や、子宮の病気にも繋がりかねません。そこまでいなかくても、生理痛がひどくなったりします。生理痛がひどい時にホッカイロで腰を温めると楽になったりしますよね。

とにかく、足の冷えを軽くみないようにしてください。

冷え性・足の冷えの対策がコレ!

  • 寝る時以外は、厚めの靴下・レッグウォーマー・ひざ掛けを使うなどして、とにかく下半身を温かくすること!
  • 足首をぐるぐる回す。

  ↓
【なぜ、足首をグルグル回すことが、足の冷え対策なのか?】

足首をグルグル回すことで、ふくらはぎも動きます。ふくらはぎが動くことで、下半身の血液が循環し、脚も温かくなってきます。

ふくらはぎは、血液を送り出すポンプの役割があるため、『第2心臓』とも言われているくらいです!

また、足首をグルグル回すことで、体に良い効果が沢山あります。

足首を回しているだけなのに、なぜか腰痛が改善したり、ダイエット効果があったり、高齢で歩行が大変だった方が歩けるようになったり・・・、と効果抜群です!

その理由は・・・、と~~っても長くなるため、講座やエクササイズ教室で説明していますので、ここでは割愛しますね。

ぜひ、足のグルグル回しをお試しあれ!

・・・おっと、説明が長すぎました?

どうして、長々と詳しく足の冷えがダメな理由を書いているかというと、理由が分からないと、人は行動を起こそうとしないからです。特に私がそうだから(笑)。

もし、理由をほとんど書かずに、「足の冷えは、下っ腹ぽっこりの原因になるので、足を冷やさないようにしましょうね。」とだけ書いても、「ふ~ん、そうなんだ。」で終わりです。

たぶん、足の冷え対策を本気ではやらないでしょう。特に怠け者の私がそうだから(笑)。

体を温めることは、美肌にも繋がる!

そして何より、体を温めることは、下っ腹ダイエットに効果的というだけではなく、健康にとっても、すごく大事なことなんです。

体を温めることによって、内臓の機能がアップし、血液の循環も良くなります。血液は栄養を運ぶ役目をしているので、血液の循環が良くなると、体の隅々にまで栄養が行き渡ります。

栄養は、命にとって必要なところから順番に使われていきます。つまり、生命維持に重要な役割を果たしている内臓のエネルギーが満たされた後、生命維持とは関係のない髪や肌や爪に栄養が行き始めます。

なので、内臓を大切にすることが、髪や肌の美しさに繋がっていきます。

また体を温めることで、免疫力もアップします。体温が1度上昇すると、免疫力が5倍になるというデータもあるくらいです。病気にならず、健康と美容を手に入れるためには、体を温めるということがいかに大事かが分かりますね!

まとめ

今日は、下っ腹ダイエットで重要な【体の冷え】についての原因と対策をご紹介しました。冷えと脂肪は、深い関係がありますので、ぜひ、体を温かくする生活を心掛けて、余計な脂肪を下っ腹に蓄えないようにしてくださいね!

『体を冷やさない』というのは、下っ腹ダイエットにとっても、健康と美容にとっても、基本中の基本です。何事もそうですが、実はその基本が一番大事だったりします。

いくら綺麗になろう、健康になろうと思っていても、基本ができていなければ、メッキで覆っただけの中身のない『美容と健康』になってしまいます。

年が経つにつれ、そのメッキは剥がれていきます。中身がボロボロの姿が現れてからでは遅いのです。今のうちに、体を温めるという基本を習慣にしておきましょう!

ここで、下っ腹ダイエットの冷え対策をまとめます。

【お腹の冷え、内臓の冷え対策】
・冷たい飲み物や食べ物は、極力控えること!
・外出時でも、家の中でも、寝ている時も、緩めの腹巻をすべし!

【足の冷え・冷え性対策】
・寝る時以外は、厚めの靴下・レッグウォーマー・ひざ掛けを使うなどして、とにかく下半身を温かくすること!
・足首をグルグル回す。

今日ご紹介したこれらの事は、簡単にすぐ出来るものばかりですので、ぜひ始めてみてくださいね!