徹底解説!ジョギングダイエットは本当に痩せる運動なの?

徹底解説!ジョギングダイエットは本当に痩せる運動なの?

どうも!健康的に痩せることを第一に考えている、ダイエットコーチの羽田です。

普段から忙しくて、運動不足になっていませんか?

運動不足解消や、痩せる運動をしようと決め、多くの人がすぐに思いつく運動が、まずジョギングかもしれません。[ジョギング=健康な体作り+痩せる]というような公式が、頭の中にある人も多いのではないでしょうか。

実際に、皇居の周りをジョギングしている人が沢山いますよね。芸能人もよくジョギングしています。

こんなに多くの人がジョギングをしているのだから、ジョギングはさぞかし、健康に良くてダイエットにも効果的なんだろうと思いますよね。有酸素運動は体脂肪を燃焼させるから、ダイエットの成功に繋がるとも言います。

でも、痩せる運動ですぐに連想するのがジョギングなのに、他にも多くの痩せる運動がテレビや雑誌で紹介されているのはどうしてでしょうか。ジョギングダイエットには、痩せる運動としての効果がないからなのでしょうか?

そこで今日は、

・本当にジョギングダイエットは痩せる運動として効果があるのか?
・本当にジョギングは健康に良いのか?

をみていくことにしましょう!

と言っておいて、いきなりですが・・・
結論から言ってしまうと、私のダイエット個人レッスンでは、ジョギングダイエットをおすすめしていません。

なぜなら、ジョギングダイエットは、体にとってリスクが大きいからです!この辺りも解説していきますね。

ジョギングダイエットは痩せる運動になるの?

ジョギングは、一般的に有酸素運動と言われ、体脂肪を効率的に燃焼させる運動といわれています。でも全てのジョギングが有酸素運動にあたるかというと、そうじゃない場合もあるんです。

運動不足だったりして、呼吸が荒くゼーゼーしながらのジョギングは、酸素が足りなくなっている状態です。この状態だと、運動の強度が高いため、酸素を使う割合が少なくなり、有酸素運動とは言いがたくなってしまいます。

なので、効率良く体脂肪を燃焼させるには、運動の強度が低い方が良いのです。でも、運動の強度が低いので、消費カロリーも低くなります。

ジョギングを1時間行って消費されるカロリーは、約400キロカロリーです。

ちなみに、他の運動を1時間やった場合の消費カロリーは、こんな感じです。
・自転車こぎ 約200キロカロリー
・ゴルフの打ちっぱなし 約250キロカロリー
・テニス 約400キロカロリー
・水泳 約500キロカロリー

ちなみに、次の食べ物1個あたりの摂取カロリーは、このようになります。
・おにぎり 約200キロカロリー
・アイス 約200~300キロカロリー
・ケーキ 約300~400キロカロリー
・菓子パン 約300~400キロカロリー

1時間頑張ってジョギングしても、菓子パン1個食べるだけで、プラスマイナスゼロ。なんとも悲しい結果です。

しかも、毎日ジョギングで1時間もの時間を取れるでしょうか。忙しい人は、せいぜい空いた時間の30分くらいでしょう。

ジョギング30分だと、消費カロリーは半分の200キロカロリーになります。体脂肪1kgあたり約7200キロカロリーありますので、その約7200キロカロリーを、毎日のジョギング30分で消費するには、36日間かかります。

36日間頑張って走り続けて、たった1キロ体脂肪が減るだけ。しかもこれは、「運動したから、その分食べてもイイよね。」というような、自分へのご褒美は無しでという条件付きです。辛い現実ですね。

痩せる運動は、食べたい欲求が増す

ジョギングもそうですが、痩せる運動をすると、運動後はお腹が空きます。なぜなら、ジョギングをしてカロリー消費をしたので、体はエネルギー不足になるからです。体がカロリー補給を必要としているので、当然、食べたい欲求は増します。

ジョギングダイエットを成功させるには、その食べたい欲求にも打ち勝たないといけないのです。すぐに食べてしまっては、ジョギングで消費した分のカロリーが、プラスマイナスゼロになってしまいますから。

さらに、人間の心理として、「いつも頑張って運動しているから、少しくらいお菓子を食べたってイイよね。」という風に思ってしまうんです。

人間は、正しいことをすると、ちょっと悪いことしてもOKだよねという気持ちになります。これを心理学では『モラルライセシング』と言います。このような心理にも勝たなければ、ジョギングダイエットを成功させることは難しいのです。

ジョギングは健康に良いのか?

ここまで見てきて、ジョギングダイエットを成功させるのは、鉄のように固い意志がないと、そーとー難しいんじゃないかなと思ったことでしょう。

では、ジョギングは健康に良いから、沢山の人は走っているのでしょうか?

ここでジョギングダイエットに関する有名な話があります。ジョギングの提唱者として、自らもジョギングで30kg以上痩せた『ジム・フィックスさん』は、まさに世界に「ジョギングが健康とダイエットに良い」と広めた方です。

しかし、そのジムさんは、ジョギング最中に心筋梗塞を引き起こし、52歳という若さで亡くなってしまいました。この事実によって、ジョギングブームはその後衰退していったということです。

ジョギングは、正しい体調管理の元で行わなければ、心臓にも、他の臓器にも負担をかけます。適度でなければ、足腰の関節や骨にも負担を掛けてしまうでしょう。

もしかしたら、ジョギングをいつも万全の体調の時だけ行うようにすれば、大丈夫なのかもしれません。しかし、ジョギングを習慣としている人は、少しくらい体調がおかしいなと思っていても、走るでしょう。

なぜなら、続けている習慣だから。「せっかく続けてきたのに、ここで止めるワケにはいかない!」と、良くも悪くも頑固な思いが働くからです。体調が少し変だなという状態でジョギングをして、何十分も心臓をバクバクさせていたら、何か体に異変が起こっても不思議ではないですよね。

その日、その日で、毎日体調は変わります。本人に自覚はないかもしれませんが、前日に食べた物や、その日の天候、体の水分量によっても、体調は変わってきます。完璧に自分の体調を把握することは、とても難しいのです。

なので、「ジョギングは健康に良い」というのは、思い込みに近いものがあります。なぜなら、ジョギングは体が元気じゃないとできないからです。疲れている人や体調不良の人は、少し走るだけで頭痛がしたりするので、ジョギングをしようとさえ思いません。

またジョギングは、膝や腰に衝撃を与えます。固いアスファルトを走る場合は尚更です。太っている人がジョギングをすると、膝痛や腰痛になる可能性が高くなります。なので太っている人は、ジョギングを敬遠してしまいます。

う~ん、「ジョギングが健康に良い」という理由は、なかなか見つかりませんね。

ジョギングのメリット

ここまで、ジョギングの良くない部分を並べてきましたが、ジョギングにも良い部分があります。

【身体へのメリット】
ゆっくりと走ることで、肺や鼻の粘膜に良い効果を与えます。この場合、鼻呼吸で行うことが必要です。体に振動を与えることで、全身の血流が良くなります。

【心へのメリット】
体を動かすことでストレス発散になったり、精神的に強くなる効果が期待できます。ジョギングが好きで、「走ると気持ちイイ!ストレス解消になる!」という人には、心のセルフケアのためには良いかもしれません。

ただし、これはジョギングが好きという前提での話です。ジョギングがあまり好きではないのに、それを日課にして継続することは、心にも体にも負担が掛かります。そのような人は、ジョギングではなく、好きな運動に切り替えることをおすすめします。

ダイエットの専門家の間では有名な「運動だけでは痩せない」という話

ジョギングダイエットも含め、運動だけで痩せるというのは、とてつもなく大変です。だって見たでしょう、1時間頑張ってジョギングをしても、たった1つの菓子パンで元に戻ってしまうという厳しい現実を。

だからダイエットの専門家たちは知っているんです。運動だけでは痩せないっていうことを。

ダイエット専門のジムでは、筋トレの方法や運動の指導もそうですが、食事改善のアドバイスも必ず行っているはずです。そうでないと、ダイエットには成功しないから。食事を見直さないと、ダイエットの成功はないことをダイエットの専門家は知っています。

じゃぁ、どういった食事がイイの?という方は、以前に書いたこちらの記事を参考にしてください。
食事メニュー改善でダイエット成功!五大栄養素が痩せるレシピの鍵!

食事と運動、どちらも健康的なダイエットの成功には欠かせません!

まとめ

こうしてみてみると、ジョギングダイエットは痩せる運動として、あまり適切なものではないことが分かりますね。じゃぁ健康に良いかというと、体に負担を掛けてしまうので、ジョギングは健康にもあまりメリットがないというのが結論になります。

なので、冒頭でもお伝えした通り、私のダイエット個人レッスンでは、ジョギングダイエットはおすすめしていないんです。

私がおすすめしている痩せる運動は、日常で歩くことだったり、姿勢を正したり、という基本的な動きを意識すること。それだけで必要な筋肉が鍛えられ、血液の循環が良くなり、代謝が上がるなど良いことずくめです。

その方法はこちらに詳しく書いてあります。⇒痩せる運動が知りたい!ダイエットに成功するエクササイズって何?

今日の記事を読んでみても、ジョギングダイエットしたい!という方は、もちろん私は止めません(笑)。ただ、毎日の体調管理と、食事改善はしっかりと行ってくださいね。

あなたに合ったダイエット方法を見つけ、ダイエットを成功させ、どんどん綺麗になっていきましょう♪