イライラするときに備えて事前に準備しておくべき3つのこと

イライラするときに備えて事前に準備しておくべき3つのこと

こんにちは!女性の健康と美容の改善を専門に行っている『体操ドクター』であり、健康心理カウンセラーでもある羽田です。

「あ~!イライラする!」

お笑い芸人:いとうあさこサンが「イライラする!」と言って爆笑をかっさらうくらい、女性のイライラは“あるあるネタ”になっています。

でも男性の中には、この「イライラする!」の面白さが分からない人がいるんです。

それほど男性は、女性の事を理解していない人が多いんですね。悲しい…。

このイライラが原因で夫や彼氏とケンカになり、離婚や別れてしまうということも現実にあります。

イライラがそんな大きな問題を引き起こさないために、今日は『イライラするときに備えて事前に準備しておくべき3つのこと』をお伝えしたいと思います。

イライラするときの備えとして(1):いつからイライラするかを知る

女性のイライラの多くは、ホルモンバランスの影響によるものです。生理周期によってホルモンが増減します。

卵巣から出る『卵胞ホルモン(エストロゲン)』と『黄体ホルモン(プロゲステロン)』の2つのホルモンの増減により、女性の体と心は影響を受けてしまうのです。

ですので、ホルモンの変動によるイライラは心や性格が問題なのではなく、体のメカニズムの原因によるイライラになります。

なので、このイライラを抑えるために平常心を保とうとしても、イライラはなかなか抑えることができないんです。

生理前や生理中、更年期には、このホルモンの影響により、腹痛になったり、イライラするときが多くなります。

※生理前の体調不良のことを、PMS(月経前症候群)と言います。PMSについての症状や緩和方法などの詳細は、以前記事に書きましたので、そちらをご覧ください。

PMS(月経前症候群)の症状を改善しイライラも和らげる対策3つ

短気だからイライラするという女性は、元々少ないのではないでしょうか。

中には、自分のイライラの原因がホルモンバランスの影響だと知らない人もいます。

そのような女性は「自分は短気でイライラする性格だ」と思い込んでいるかもしれません。

そんな人が身近にいたら、やんわりと教えてあげましょう!「生理前だからイライラするのかもね」って。

ではまず、イライラするときの備えとしてやっておきたいことは、

自分がいつからいつまでイライラするのか時期を知る』ということです。

生理周期でイライラするときは訪れますが、人によって異なります。

  • イライラするときが、生理になる10日前からなのか、5日前からなのか。
  • 生理が始まったらイライラが落ち着くのか、生理3日目までイライラするのか。
  • イライラするピークはいつなのか。

自分のイライラする時期をチェックしてみてくださいね!

そうすることで、「なんかイライラするなぁ。あっ、そうか生理になる10日前だからか!じゃぁしょうがないか。」という風に思えます。

「なんだか分からないけどイライラする」「誰かのせいでイライラする」のではなく、「生理前だからイライラする」と原因が分かれば、少しは気持ちが楽になります。

また、自分のイライラするときを知ると、次の項目のような事前の備えや対策ができるので、イライラによる二次被害を防ぐことができます。

イライラするときの備えとして(2):夫にイライラの説明しておく

自分がいつからイライラするかを知り、それを夫や彼氏に伝えることはとても重要です。

この生理前や生理中のイライラが原因でケンカとなり、離婚や別れるケースに繋がることもあります。

男性は、女性の生理のことをあまり理解していません。なぜなら、経験したことがないから。

生理の時、どのような腹痛なのか、どんな感じでイライラするのかが分からないのです。

なので、きちんと夫や彼氏に生理における症状について説明しておきましょう。

その時、「私は、生理になる10日くらい前からだんだんとイライラするようになるから、注意してね。」と伝えることが重要です。

また、イライラしそうな日が近づいたら、「生理になる10日前になったから、イライラするかもしれないけど、イライラしたらゴメンね。」と伝えましょう。

そうすることで、理解のある夫や彼氏は、あなたのイライラに対して心構えをすることができ、普段より優しい言葉や態度で接してくれると思います。

これで、不必要なケンカもなくなり、離婚や別れる確率もグッと減るでしょう。

イライラするときの備えとして(3):漢方薬を準備しておく

イライラするときの備えとして、漢方薬を常備しておくことをおすすめします。

漢方薬はあまり馴染みがないかもしれませんが、体に優しく効くので西洋の薬よりも私はおすすめしています。

漢方薬を「なんだかイライラしてきたな」という時に飲んだり、「もうイライラしすぎてヤバイ!」という時に飲むと、イライラやPMSの症状・生理痛が緩和するでしょう。

イライラするときにおすすめの漢方薬は、下記の2つです。

・加味逍遥散(かみしょうようさん)
・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

どちらも薬局で簡単に手に入り、多くの女性が安心して服用できるとされている漢方薬です。

イライラするときにおすすめの漢方薬についての詳細は、こちらの記事に書いていますので、是非ご覧ください。
PMS(月経前症候群)の症状を改善しイライラも和らげる対策3つ『PMS対策1:薬や漢方薬で症状を和らげる方法』

人によって合う漢方薬が異なりますので、自分に合う漢方薬を見つけて常備しておくと安心ですね!

まとめ:イライラするときに備えて事前に準備しておくべき3つのこと

今日は『イライラするときに備えて事前に準備しておくべき3つのこと』をお伝えしました。

イライラするときに備えて事前に準備しておくべき3つのこと

  1. いつからイライラするのかを知る。
  2. 夫・彼氏にイライラの説明しておく。
  3. 漢方薬を準備しておく。

この他に大切なのは、イライラしたときに、イライラを抑えないこと

そして、普段からホルモンバランスを整え、イライラしなくなるような体作りとして、日々、若返り体操(アンチエイジング エクササイズ)をすること

これらの内容が書かれた記事がこちらになりますので、ぜひご覧ください。
イライラを抑えるのは禁止!イライラ解消法でイライラしない生活を
イライラが止まらないのを解消できた!実践したイライラしない方法

イライラするときの備えをしっかり行って、少しでも気持ちを楽に生活できるようになるとイイですね!

そして最終的には、若返り体操によって、【イライラしない健康な体と心になる】ことを目指していくとイイでしょう♪

あなたのイライラが緩和し、穏やかな気持ちで毎日を過ごせることを願っています。

◆若返り体操(アンチエイジング エクササイズ)│体操ドクター:羽田知史