効果抜群!足の疲れを取る方法「1日1分でも効果アリ!」

効果抜群!足の疲れを取る方法「1日1分でも効果アリ!」

こんにちは。昔、足の疲れがあまりに酷くて悩んでいた、健康美容エクササイズ・インストラクターの羽田です。

私はサラリーマンの頃、座りっぱなしのデスクワークをしていたこともありました。

その時の悩みは、ズバリ!『足の疲れ』です。

週の半ばから週末にかけては、足の疲れが半端ではなく、足の疲れが気になって集中力を欠き、仕事の効率が悪くなるほどでした。

そこで私が本気になって取り組んだのが、足の疲れを取る方法です。

「足の疲れを取る方法って、どんな方法があって、効果は本当にあるんだろうか…」と、様々な足の疲れを取る方法を試しました。

よくテレビの健康情報番組で紹介される、足の疲れを取る方法も色々と試しました。

何ヶ月も『足の疲れを取る方法』を試し、検証した結果、週末になってもほとんど足の疲れを感じないようになりました!

私だけではありません。この足の疲れを取る方法を実践した人は、その効果を実感しています。

今日は、そんな実証済みのとても効果のある『足の疲れを取る方法』をお伝えしていきます。

・デスクワークで座りっぱなしで足の疲れがひどい人
・立ちっぱなしで足の疲れがひどい人
・普段からなかなか足の疲れが取れない人
・歩いたことによる足の疲れ

このように『足の疲れ』にも様々あります。色んな足の疲れに効果のある『足の疲れを取る方法』を今日は紹介します♪

体調不良不美人:不美
私、昔、デパートの販売員やっていて、立っていること自体が辛くて、足の疲れがひどかったわ。

もっと楽に仕事がしたいと思ってデスクワークに仕事を変えたんだけど、それでも足の疲れは溜まるし辛いのよね。
健康美人:美子
今日紹介する『足の疲れを取る方法』を実践すると、「あれっ?そういえば最近、足が疲れなくなったなぁ。」って、きっと思うわよ!

足の疲れが溜まらない、疲れを解消できる体になるんだから~♪ぜひ足の疲れを取る方法をやってみてね!

では『足の疲れを取る方法』を具体的に紹介する前に、ぜひ心に留めておいてほしいことからお伝えします。

それは、『足の疲れを取る方法で得られる、思いもよらない効果』についてです。

 

足の疲れを取る方法で得られる、意外な効果とは?

足の疲れを取る方法は、単に足の疲れを取るだけではありません。

ぜひ、「足の疲れを取ることで得られる効果は予想以上である。」ということを知ってほしいのです。

私は足の疲れがひどく、夕方くらいになると足の疲れもピークになり、とても憂鬱な気分になっていました。

実はこのひどい足の疲れを解消できるだけで、体の疲労感は全く違います。

体が楽になると、心まで楽になって余裕ができ、ちょっとしたことでイライラしなくなったり、人に優しく対応できる余裕も生まれます。

人に優しく接することができると、周りの人はあなたに好印象を持ちますよね。憂鬱な暗い顔をしている人と、普段から穏やかでニコニコしている人の差は歴然です。

たかが足の疲れとあなどってはいけません。足の疲れや体の疲労が、人間関係にまで影響を与えていくこともあるのです。

疲れていると、彼氏や旦那にも厳しい言い方や態度になりますよね。

足が疲れたまま家に帰ると、何も疲れてやる気も起きません。

足の疲れを取るのは、心に余裕を持たせるためにも、とても大事なのです。

体調不良不美人:不美
そうなのよ!疲れて帰って、「はぁ…足が疲れたから、座りたい…横になりたい…。」って思ってるのに、夕飯の支度は疲れてても立ってやらなきゃいけないじゃない。

そんな時、彼が手伝ってくれなかったりすると、イライラするわ~!

心に余裕が持てるようになるほど足の疲れを解消できる『足の疲れを取る方法』を、これからお伝えしていきます。

でもその前に、足の疲れを取る方法と同じくらい重要なことを先にお伝えしますね!

『足が疲れない方法』は、足の疲れを取る方法より大切!

効果抜群!足の疲れを取る方法「1日1分でも効果アリ!」

足が疲れていなければ、足の疲れを取る方法は必要ありません。単純明快です(笑)。

なので、出来るだけ足が疲れないように生活することが重要です。

では、どうしたら足は疲れにくくなるのでしょうか?

足を疲れさせない方法はこちらです。

足が疲れない方法

  • 足を冷やさない。常に温かくする。
    血液やリンパの流れを良くすることが、足を疲れさせない秘訣です。

    そのためには足を常に温かくすること。温かくすることで、血液やリンパの流れが良くなり、老廃物が処理・分解され、疲労が溜まりにくくなります。

  • 同じ姿勢を保たない。体をこまめに動かす。
    ずっと座ったまま、ずっと立ったままでは、体の特定部分に力や緊張がかかりっぱなしです。その部分は血流が滞り、疲れが溜まっていきます。

    仕事中の場合は、少しの合間にでも、ストレッチをして緊張している部分を伸ばして緩めましょう。トイレに行った時とか、ランチの時とかの時間も有効活用してみてください。

  • 締め付けのない服や下着を身に着ける
    締め付け感のある靴下やストッキング、パンツは、下半身や足を締め付け、血液やリンパの流れを悪くしてしまい、疲れを溜めることになります。

  • 足の疲れない靴を履く
    これは足の疲れや、足の健康にとって最も基本であり大切なことです。

    靴を履いているだけで足は締め付けられ、足の疲れに繋がります。なるべく足の疲れない靴やサンダルを履きましょう。

    職場でパンプスや革靴を履かなければいけないのでしたら、スポーツブランドのものがおすすめです。クッション性に優れていて、足の構造を考えて作られているため、足の疲れを軽減してくれます。

    中でも、おすすめのスポーツブランドは『アシックス』です。

    サンダルも、足が疲れます。サンダルでおすすめなのは、『ビルケンシュトック』のサンダルです。他のサンダルとは比較にならないほど、長時間歩いていても疲れません。

    私の友人の女性は体力がなく、普通のサンダルだと30分歩くと疲れて歩けないほどでした。でもビルケンシュトックのサンダルに変えたら、5時間歩いても大丈夫になりました。

    ビルケンシュトックの靴やブーツもあります。ただ革靴やパンプスのデザインが少し独特なので、好みが分かれる所です。デザインが気に入れば、アシックスの革靴やパンプスよりも、足の疲れを軽減してくれる可能性は大です。

    それほど、ビルケンシュトックの靴の中に敷いてあるインソールは優れています。

    普段から足に優しい楽な靴を履きましょう。職場では許される範囲のギリギリの楽な靴で過ごしましょう。

    ※上記に挙げたブランドの靴による足の疲れの軽減は、あくまで、私や、足の疲れに悩んできた他の方の経験に基づくものです。
    個人個人で、足の形や、職業・生活スタイルが異なりますので、使用する靴の種類も違います。上記を参考にしていただき、ぜひ自分に合う楽な靴を見つけてください。

この『足を疲れさせない方法』は、足の疲れを取る方法と並行して実践することをおすすめします。

上記に挙げた『足を疲れさせない方法』は、ほんの一部です。ひとりひとり、生活スタイルが違うので、足を疲れさせる原因は様々です。

生活している中の細かい部分に、足を疲れさせる原因が潜んでいます。

自分の生活の中での姿勢や動作を常にチェックし、足の疲れの原因を取り除いていってください。

例えば、足を組む癖がある、内股で歩く癖がある、あまり歩かない、太っている、など、足の疲れの原因に気付くことが足を疲れさせない第一歩です。

では、今日の本題となる『足の疲れを取る方法』を見ていきましょう!

効果抜群!足の疲れを取る方法

足の疲れを取る方法で一番おすすめの方法が、通称『ゴキブリ体操』と呼ばれる、手足ブルブル体操です。

その効果抜群の足の疲れを取る方法『ゴキブリ体操』の動画がこちら↓

この体操をやってみると、手足がジンジン・ビリビリしてきて、すぐに効果を実感できることでしょう!

とても簡単に出来て効果の高い、足の疲れを取る方法です。

他の健康情報サイトでも、足の疲れを取る方法として、この『ゴキブリ体操』をおすすめしている所を見かけます。

でも、足の疲れを取る方法として、と~~っても大事なポイントが抜け落ちているサイトが多いんです。この動画でも、その大事なポイントが抜けていました。

その足の疲れを取る方法『ゴキブリ体操』で大事な3つのポイントがこちらです。

【効果抜群!足の疲れを取る方法『ゴキブリ体操』の3つのポイント】

  1. ブルブルした後、足と手を上げたままにしておく。
    ブルブルを止めた後、そのままの態勢で1~3分ほど、手足を上げたままにしておきます。

  2. 足と手から、血液や老廃物などが体の内臓へ戻っていくイメージをする。
    手足を上げたままにしておくと、手足に溜まっていた血液や老廃物が、体の中心部の内臓へ戻っていきます。それらの古い血液や老廃物は、内臓によって濾過されキレイな状態になります。足や手のむくみにも最適です。

  3. 寝る直前に行う。
    手足を1~3分ほど上げ、十分に手足の血液や老廃物が体の中心へと戻ったと感じたら、ゆっくりと手足を下ろし、そのまま就寝してください。

    起き上がってしまうと、せっかく体の中心に向かっている血液や老廃物が、手足へと戻ってしまう可能性があります。最大限の効果を得るためにも、就寝の直前に行い、そのまま寝るのが良いでしょう。

足の疲れを取る方法『ゴキブリ体操』は、1日何回やればイイの?

初めのうちは、足を上げていることがキツイかもしれません。1分もブルブルしたり、上げていられないかもしれません。特に男性はそうです。

でも、毎日やっていくうちに、自然と長く出来るようになります。心配いりません。初めのうちは、1回1分~3分間行うと良いでしょう。

慣れてきたら、ブルブル開始から手足を下ろして終了するまで、全部で3~5分を目安に行うと、効果もかなり高くなります。

寝る直前の1回だけでも効果は十分です。できれば毎日この足の疲れを取る方法を行ってください。毎日行うことで、疲れが蓄積しないので、体調が良くなっていくのをきっと実感することでしょう!

足の疲れを取る方法のまとめ

足の疲れを取る方法として『手足ブルブル体操』、通称『ゴキブリ体操』をお伝えしました。

なぜこの足の疲れを取る方法をおすすめしているかというと、手軽で簡単にでき、習慣として続けやすいからです。

習慣にすることで、体が変わり、体質も変化していきます。

足の疲れを取る方法として紹介しましたが、習慣として続けているうちに、いつの間にか、むくみや冷え症が改善されていることに気付くかもしれません。代謝の良い体へと変化していることでしょう!

足の疲れを取る以外にも沢山の効果がありますので、ぜひ実践してみてください♪

 

どうしても、ぽっこりお腹が凹まない方、必見!

【今だけ無料!】メール講座 

ぽっこりお腹痩せダイエット│健康ダイエット方法で下腹解消に成功【健康美ラボ】


【ぽっこりお腹解消法 “秘密の7ステップ”】

~健康とキレイを手に入れる~

 

【1日目】重要!どうすれば痩せるのか?全体像を知る
【2日目】太る本当の原因とは?
【3日目】9割が間違っている!健康的に痩せる方法
【4日目】企業秘密の超簡単エクササイズを大公開!
【5日目】一生使える健康ダイエット食事法
【6日目】辛いのは嫌!辛くないダイエット法とは?
【7日目】三日坊主を乗り越える秘訣 “習慣にする方法”

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です