顔のゆがみの治し方のポイントは口元にあり!顔の歪みを治す方法

顔のゆがみの治し方のポイントは口元にあり!顔の歪みを治す方法

こんにちは。10年以上続く体の悩み【病気・体調不良・美容】の改善を専門に行っている、『体操ドクター』 の羽田です。

この間、とても綺麗なモデルさんがテレビ番組で、リポーターをしていました。

その方は、とても可愛らしく美しい女性なんですが、しゃべっている時、左の上唇がかなり上がり、左右のバランスがとれていなかったのです。

私の職業病ですかね。番組の内容よりも、モデルさんのその顔のゆがみの方がずっと気になってしまいました(笑)。

「綺麗なだけに、もったいない・・・。顔のゆがみの治し方を教えてあげたい。」と思いながら、番組を見ていました。

美肌やメイクに気を遣っているモデルさんでさえも、自分の顔のゆがみにまでは、改善の手が伸びていないんですね。

それとも、自分の顔のゆがみに気付いていないのか・・・。

自分の顔のゆがみに気付いて、顔のゆがみを治す方法は、前回の記事のこちらをご覧ください。
顔の歪みを2ステップで治す方法│顔のゆがみの根本の治し方

今日は前回の記事とは違う、『顔のゆがみの治し方』をお伝えしていきます!

今日の『顔のゆがみの治し方』のキーワードは、『マウスピース』と『顔のゆがみ改善マッサージ』です。

実践すると、顔のゆがみはもちろんですが、原因不明だった体調不良ももしかすると改善できるかもしれません!

それでは、『顔のゆがみの治し方』を解説していきます。

顔のゆがみの治し方1:マウスピース

顔のゆがみに繋がる『歯ぎしり』や『歯の食いしばり』

顔のゆがみで一番目立つのは、やはり口元です。

普段から食事をしたりして口周りの筋肉を使っているからこそ、左右バランス良く使っていないと、顔のゆがみとして目立ってしまいます。

また寝ている時、歯に大きな力がかかるような『歯ぎしり』や『歯の食いしばり』をしている人もいます。

強い歯ぎしりでかかる力というのが、ある実験では、なんと約290kgでした!
(ちなみに通常の起きている時は、思いっきり噛んでも約70kgといわれています。)

これは、ライオンの噛む力:310kgや、サメの噛む力:280kgに匹敵するほどの力です。

すごい力ですよね!こんなに強い力で毎晩歯を噛み締めていたら、それは顔のゆがみの原因にもなります。

『歯ぎしり』や『歯の食いしばり』のせいで、翌朝起きた時にアゴが疲れていたり、だるかったりする人もいます。

また、寝ている時の『歯ぎしり』や『歯の食いしばり』は、全身の筋肉をグっと強い力で使います。

なので、寝ている時に筋肉が疲労し、起きた後に、首の痛み・肩こり・腰痛・膝痛を感じる人もいます。

また、筋肉が神経を圧迫するため、頭痛・めまい・視力低下・耳鳴りを感じる人もいます。睡眠の質も当然落ちます。

さらに、歯を噛み締めている時の顔は、眉間にシワを寄せていたり、険しい顔のこともあります。

それが毎晩続くと、やはり顔のゆがみに繋がりますし、体調不良にもなってしまいます。

その歯の食いしばる力を軽減してくれるのが、『マウスピース』なんです。

マウスピースは顔のゆがみにも、体の健康にもおすすめです!

マウスピースは市販でも売っていますが、自分の歯に合わないことが多いので、歯科で作ってもらうことをおすすめします。

歯科で作ってもらっても、約5000円~7000円くらいです。

ちなみに、歯ぎしりには音が出る出ないに関係なく、『良い歯ぎしり』と『悪い歯ぎしり』があります。そして、歯ぎしりは誰もがするんです。

良い歯ぎしり』は、約40kgほどの軽い力です。これは、寝ている間に唾を飲み込む手助けをしてくれ、食道に胃酸が逆流するのを防いでくれます。健康にとって必要な良い歯ぎしりですね。

悪い歯ぎしり』は、先ほど説明した100kg・200kgを超えるほどの強さで、歯や全身を痛めてしまう歯ぎしりです。

歯科でマウスピースを作る際に、あなたの歯ぎしりを診断してもらうと、良いでしょう。歯が擦り減らない『歯の強い噛みしめ』というパターンもありますから。

私は、自分では全く歯ぎしりの自覚がありませんでした。

でも、差し歯を入れた翌日に、歯ぎしりのせいで、差し歯が欠けてしまったんです(泣)。

私はその事件があってから、すぐにマウスピースを作り、寝ている間は必ず着けるようにしています。

マウスピースを就寝時に着け、顔のゆがみを発生させたり、ひどくならないように予防することは、手軽で簡単にできるのでとてもおすすめです!

ちなみに、子どもは歯の生え変わる時期などに、歯ぎしりをしたりします。

子どもの歯ぎしりは、アゴの発育を助けるといった良い点もあるので、ほとんど心配する必要はないだろうと言われています。

顔のゆがみの治し方2:顔のゆがみ改善マッサージ

顔のゆがみの治し方として、『顔のゆがみ改善マッサージ』を紹介していきます。

これは以前に、『小顔になる方法』で紹介したマッサージと同じ方法です。
その記事がこちら⇒すぐに小顔になる方法!簡単セルフマッサージで小顔ゲット!

小顔になるマッサージ方法は、顔のゆがみの治し方としても応用が効くんです!

顔のゆがみの原因の一つに、余分な老廃物があります。

使われていない顔の筋肉の所では、血流やリンパの流れが悪くなっていて、老廃物も溜まっているわけです。

それが左右の見た目のバランスを崩して、顔のゆがみになっているなっています。

なので、その老廃物をマッサージによって処理していくことが、顔のゆがみの治し方になるんです。

ではその、顔のゆがみの治し方としてとても有効な『顔のゆがみ改善マッサージ』をご紹介していきます!

顔のゆがみ改善マッサージの方法

顔のゆがみ改善マッサージの方法は、手を使って行います。マッサージ器具は使わないので、無料でいつでもどこでも出来ますよ!

顔のゆがみの治し方顔のゆがみ改善マッサージの方法

  1. 手をパーにした状態で、手のひらを頬骨の下の部分(シャープにしたいアゴのライン)に置きます。
  2. 手のひらで、ゆっくりと円を描くようにマッサージをします。
    円の回転は、時計回り・反時計回りの両方をバランスよく行いましょう。
  3. 今度は手のひらをアゴのエラあたり(耳の下あたり)に移動させ、同じようにマッサージをします。
  4. これらのマッサージを、顔の左右それぞれ1~2分ずつくらい行います。

顔のゆがみ改善マッサージは、たったこれだけです!

マッサージした部分が少しジンジンとした感覚がありませんか?

血液の巡りが良くなった証拠です。

いつでも時間のある時に、この『顔のゆがみ改善マッサージ』をすると良いでしょう!

でもここで、顔のゆがみ改善マッサージを行う際の大事なポイントがあります!

顔のゆがみ改善マッサージの大切なポイント!

顔のゆがみ改善マッサージのポイントは、『手のひらで、顔の下の肉も一緒に動かすように、少し圧をかけてマッサージをすること』です。

手のひらで表面をさする程度では、皮膚の下にある肉は動きませんので、効果が激減してしまいます。

顔の下の肉も一緒に動かすように、少し圧をかけてマッサージをすることで、顔にあるツボを刺激することができるんです。それが顔のゆがみの治し方のポイントです!

まとめ:顔のゆがみの治し方

顔のゆがみの治し方として、2つ紹介しました。

  • 歯ぎしりの力軽減のためのマウスピース
  • 顔のゆがみ改善マッサージ

どちらの顔のゆがみの治し方も、治るのは顔のゆがみだけではありません。

マウスピースを寝る時に着けることで、首の痛み・肩こり・腰痛・膝痛・頭痛・めまい・視力低下・耳鳴りなどの体調不良が改善できるかもしれません。

睡眠の質が上がって、すっきり気持ちの良い朝を迎えられるようになるかもしれません。

顔のゆがみ改善マッサージによって、血流やリンパの流れが良くなります。

その結果、毛細血管にもきちんと血液が行くようになり、顔の血色も良くなり、顔や頭に栄養が行き渡るようになります。

これが、シワやシミの予防や改善にも繋がっていきます。

更には、顎関節症が改善されたり、頭痛や目の疲れが改善されることもあります。血液やリンパの流れが良くなるので、このような効果が出てくるのです。

顔という表面の部分を改善するためには、体の内側から健康な体に変えていく必要があります。

ぜひ、今日紹介した顔のゆがみの治し方を実践して、綺麗で整った顔と、健康な体を手に入れてくださいね♪応援しています♪