痩せる運動が知りたい!ダイエットに成功するエクササイズって何?

痩せる運動が知りたい!ダイエットに成功するエクササイズって何?

こんにちは!10年以上続く体の悩み【病気・体調不良・美容】の改善を専門に行っている、『体操ドクター』の羽田です。

本屋が好きでよく行きますが、よくもまぁ、こんなにあるモンだというくらい、『痩せる運動』についてのダイエット本がズラ~~~っと並んでいます。

こんなに沢山のエクササイズ方法があると、痩せる運動として、どの方法を選んで良いのかも分かりませんよね。

「何か、全部効果ありそうだし、でも、運動って続かなそうだし・・・。」ということで、結局やらずに終わる人が多いのではないでしょうか?

という事で、今日は、「ダイエットに効果的な『痩せる運動』って、一体何なの?」というテーマで、痩せる運動をご紹介していきます。

結論を言うと、どんな運動でも、ずっと続けていれば、それは痩せる運動になり、ダイエットに成功します。でも続かないんですよね~、運動って。そこが一番の問題です。

今日は、そんな痩せる運動が続かない人のために、『痩せる運動』と『運動を続ける方法』を紹介していきます。今まで痩せる運動にチャレンジして、三日坊主で終わった方や、痩せる運動にチャレンジすらしようとしなかった方には、とても為になりますよ♪

ダイエット成功の近道は、まず、痩せる運動が続かない理由を知ること

先ほど、「どんな運動でも、ずっと続ければ、それは痩せる運動になり、ダイエットに成功します。」とお伝えしました。おそらくほとんどの人が、「そう!続けられれば、痩せるのになぁ~。」と思っていることでしょう。

痩せると分かっているのに、運動が続かないのはどうしてでしょうか?

その理由は、人間の心理が大きく関わってくるからです。

痩せる運動が続かない理由(1):痩せる運動だと分かっていても、普段から運動をしていないと、なかなか続かない

運動を普段からしていない人は、急に運動を始めても、なかなか続きませんよね。実は、運動が続かない理由は、人の心理と関係があります。

人は、現状が悪い状況であったとしても、現状の自分を心地よく感じる傾向があります。なので現状の変化を嫌ったり、未体験のものを避けようとする心理作用が働きます。これを『現状維持バイアス』と呼びます。

(※この『現状維持バイアス』は、行動経済学で使われる言葉で、バイアスとは偏りという意味です。つまり「現状を維持しようとする傾向」という意味です。)

そのため、運動を続ければ痩せられると分かっていても、現状の変化を嫌うので、運動が続かないのです。これが三日坊主と言われるゆえんです。

ではどうしたら、『現状維持バイアス』を克服し、痩せる運動が続けられるように、変化することができるのでしょうか。

それは、ほんの少しずつ変化させていくことが、現状維持バイアスから抜け出す鍵となります。一気に変わろうとすから、ハードルが高く挫折してしまうので、少しの変化を積み重ねていくことで、現状維持バイアスから抜け出し、変化を遂げることができます。

例えば、朝早く起きて、痩せる運動をしようと思ったら、まず、朝早く起きることだけを何日か続けます。それに慣れてきたら、次に少しずつ体を動かすことから始めます。徐々に変化をさせていくことで、続けていくことができるのです。

と言っても、なかなか実行するのは難しそうだなというのを感じますよね。なので後ほど、この現状維持バイアスの網に引っかかりにくい、痩せる運動を紹介しますね。

痩せる運動が続かない理由(2):痩せる運動が習慣にならない

痩せる運動を何日も続けたとします。でも、痩せる運動が歯を磨くのと同じように、当たり前にやるような習慣には、なかなかならないんですよね。

「今日はサボってもいいかな。」という心の葛藤があり、サボってしまう日もあるでしょう。そして、次の日も、またその次の日もサボってしまい、結局は痩せる運動が続かない・・・。よくある話です。

それを回避するためには、習慣になるまで続けることです。習慣にするためには、簡単な動作だと21日間の継続で、習慣化されるといいます。でも簡単な動作というのは、朝起きて顔を洗うくらいの動作です。

運動や勉強を習慣にするためには、66日間の継続が必要だと、研究の結果で明らかになっています。初めは辛くても、66日間続けることで、習慣として身に付き、続けることの辛さを感じることはなくなっていくのです。

でも、「66日は長いな~」と思ったでしょ(笑)? 私は思いました(笑)。

なので、習慣化しやすい痩せる運動を紹介しますね。

続けやすく、習慣にしやすい『痩せる運動はこの2つ

痩せる運動(1):筋肉を意識して歩く

続けやすく、習慣化しやすい痩せる運動は、『歩くこと』です。

【歩くことを痩せる運動にするためのポイント】

  1. 普段より早めに歩く。後ろ足を強めに蹴りだす時に、ふくらはぎの筋肉が引き締まるのを感じながら歩く。
  2. 腕を後ろに大きく振り、二の腕の筋肉の引き締まりを感じながら歩く。
  3. 階段を使う。上りも下りも、太ももの筋肉が使われているのを感じながら歩く。

筋肉を意識して歩くことで、効率の良い運動ができます。また、わざわざ歩く時間を取らないことが、大切なポイントです。

わざわざ歩くために時間を取ろうとすると、長続きしません。なので、習慣化しやすいのは、『ながら運動』です。

通勤の行き帰りや、買い物で歩きますよね?歩くという動作は普段からしているので、ポイントを意識して歩くことを習慣にしてください。意識するかしないかで、痩せる運動になるかが決まります。意識することで効率良く筋肉を鍛えることができ、代謝をアップさせる痩せる運動となります。意識すればイイだけなので簡単ですね!

痩せる運動(2):正しい姿勢をキープする

正しい姿勢をキープすることで、インナーマッスルが鍛えられ、体の歪みが整っていき、血液やリンパ液の流れが良くなり、老廃物の滞りも解消されていきます。すると、肩や首のコリも取れ、むくみも取れ、小顔効果も期待できますし、代謝もアップし、ダイエットにも成功するでしょう!

姿勢が悪いと病気に繋がる

「姿勢だけでそんなに違うの?」と思うかもしれませんが、悪い姿勢は、病気の原因にもなります。

長年、姿勢が崩れていると、一部の関節や筋肉に負担が掛かり、首や腰のヘルニアになります。また背骨の歪みから、頚椎の神経が圧迫され、手足の痺れに繋がることもあります。また、膝痛も偏ったバランスのせいで起こりやすくます。

姿勢が悪いと、血液やリンパの流れも悪くなるので、栄養やホルモンの供給もスムーズにいかなくなり、内臓の機能の低下による病気も発症しやすくなるでしょう。

姿勢の悪い人は、その姿勢がクセになっているので、365日毎日、悪い姿勢の状態です。つまり、365日、一部の関節や筋肉に負担を掛け、血液やリンパの流れを悪くしていることになります。そう考えると、病気になってしまうのも納得できますよね。

あなたの姿勢は、良い姿勢になっていますか?

正しい姿勢とは

正しい姿勢は、以前にもこちらの記事で紹介しました。
お腹周りの脂肪もスッキリ!ダイエットの成功に欠かせない3つの基本

とても大事な部分なので、要点を絞って、おさらいしておきましょう!

お腹周りの脂肪もスッキリ!ダイエットの成功に欠かせない正しい姿勢

 

姿勢を良くするためには、まず自分の姿勢がどう悪いのかを知ることです。ここでは、多くの人がなる悪い姿勢、『猫背』と『反り腰』をみていきます。

猫背はダイエット成功の天敵!

ダイエット成功には、正しい姿勢が欠かせません!なのに、猫背の女性が、とても多いですよね~。あなたは猫背になってませんか?

どうして猫背がダイエット成功の天敵で、やってはいけない姿勢かというと、

猫背だと、肩が前に出て、背中の筋肉が張ってしまう状態。さらには、お腹周りの筋肉を使っていないので、腰が前かがみの状態。

背中の大きな筋肉である僧帽筋や肩甲骨周りをあまり動かさないので、代謝が悪くなる。お腹周りの筋肉も使わないので、お腹周りの脂肪も燃焼しない。

肩や背中、腰に負担がかかっているので、肩こりや腰痛になる。すると、さらに動かそうとしないので、代謝も悪くなり、お腹周りに脂肪が付きやすくなる。

猫背の人を思い浮かべてください。首が前に出て、骨盤も前に出て、下腹がぽっこり出ているイメージじゃないですか?

猫背ですと、頭が前に出るので、それを支える首も前に出ます。背骨のラインも丸くなり、骨盤が横に傾いてしまいます。たった数ミリ骨がずれただけで、体は不調になります。

反り腰もダイエット成功の天敵!

立っている時や、歩いている時の姿勢はどうですか?

胸を張ろうとして、反り腰になっている女性が多くいます。でもそれは、腰や背骨に大きな負担を掛け、痛めてしまいますので、止めましょう!ヘルニアになってしまいますから。

一見、胸を張ると良い姿勢のように見えますが、反り腰になっているので、美しくない姿勢ですし、無理している感じが見ていて伝わってきます。

これは、小さい頃から体育で習った「気をつけ!」の姿勢の弊害かもしれません。それを正しい姿勢と勘違いしてしまうんですね。実は、ピン!とすると、反り腰になってしまいますから。

正しい姿勢で、お腹周りの脂肪もスッキリ解消!

では、正しい姿勢を解説します。下の図のような姿勢が、お腹周りの脂肪もスッキリ解消できる正しい姿勢です。これで、ダイエットの成功も近づきます!

お腹周りの脂肪もスッキリ!ダイエットの成功に欠かせない正しい姿勢の図解
  1. 肩を後方にぐるっと回し、後方にストンと落として力を抜く
    これは、猫背で肩が前に出てしまっている人に効果的です。頭は、首の上にのっかるという感じで、アゴを引いて首を前に出さないようにしてください。
  2. 背骨は自然なS字カーブ
    反り腰で、S字カーブになり過ぎていた人は、これを意識してください。
  3. お尻は、腰を入れる感じにして、お尻を突き出さない
    反り腰で、お尻が出た状態の方は、お尻の穴を下に向けるように、腰をクイっと入れてください。すると、下腹部に少し力が入り、背骨のS字カーブも自然になります。

鏡を見ながら姿勢を正したり、誰かに見てもらうと、自分の改善ポイントが分かりやすいでしょう。

姿勢は一度には良くなりません。正しい姿勢になるように意識して、習慣づけましょう♪

また、壁に背中をつけて行うと、姿勢矯正には効果大です。この時のポイントは、壁につけるのは、後頭部、肩、背中上部、お尻、カカト、だけになります。自然なS字カーブですと、腰の上は、少しだけ壁から離れます。

お腹周りの脂肪をスッキリ解消させるためにも、ぜひ、やってみてくださいね♪

正しい姿勢をキープすることは、健康になるために&痩せるために、と~~~っても大切なことなので、何回でもお伝えしていきます!

立った状態でも、座った状態でも、きちんと正しい姿勢をキープを心掛けてください。動きはないですが、必要な筋肉が鍛えられ、しっかりとした痩せる運動になります。これも『ながら運動』として続けることで、きちんと体に変化が現れてきます。

・パソコンを打ちながら。
・食器を洗いながら。
・電車で立ちながら。
・読書しながら。
・テレビを観ながら。
・食事をしながら。

という風に、起きている間はずっと、正しい姿勢を心掛けることが、あなたの姿勢を変えるポイントです。なんせ、今まで何十年間も悪い姿勢を続けていたワケですから、その姿勢の癖は、そーとー頑固です。

「起きている間ずっとだなんて、大変!」と思うかもしれませんが、やってみると案外、段々と意識してできるようになっていきます。

最初は、1日のうち5分くらいしか意識できないかもしれません。姿勢を正しては崩れ、正しては崩れ、の連続です。でもその内に、1時間キープできるようになり、何時間でもいつでもどこでも、できるようになっていきます。

これも習慣にすることで、楽に持続できるようになりますよ♪

そしてなにより、正しい姿勢は、美しい!!!!

姿勢が良いか悪いかで、見た目の美しさも、かなり違ってきます。街中で、姿勢の良い人と悪い人をチェックしてみてください。いくら綺麗に着飾っていても、姿勢が悪いってだけで台無しです。

ブランドバッグを持っているのに、猫背だったり、ガニ股だったりする女性を見ると、残念で仕方ありません。そのような姿を見るたび、私は「ファッションに向けている目をもう少し、自分の体に目を向ければ良いのに。せっかくのブランド物も、それじゃ台無し。もったいない・・・。」と心の中でボソっと呟いてしまいます。

さすがに、本人には言えませんが(笑)。


「姿勢を意識するかしないかで、美と健康が手に入るかどうかが決まる!」
と言っても過言ではありません。そのくらい、正しい姿勢は重要ですので、ぜひ、正しい姿勢を習慣にしてくださいね。

まとめ:痩せる運動でダイエットを成功させるためのポイント

痩せる運動で大事なことは、習慣にすることです。

痩せる運動を習慣にするポイントは、『わざわざ運動をしないこと』。

冒頭のほうで書きましたが、わざわざ運動をしようとすると、「変わりたくない!」という『現状維持バイアス』のセンサーに引っかかり、痩せる運動と分かっていても、挫折してしまいます。

なので、痩せる運動を続けるには『ながら運動』が、最適なんです。

今日、痩せる運動として紹介した2つ、『歩くこと』と『正しい姿勢のキープ』は、生活の一部となっている動作に、少し体を意識することを加えただけです。

これなら楽に実践でき、『現状維持バイアス』のセンサーにも引っかかりにくくなります。『ながら運動』は、痩せる運動に適しているんですね。

ぜひ、いつも以上に自分の体に目を向けて、『歩くこと』と『正しい姿勢のキープ』を実践してみてください。この2つの痩せる運動で、必ず体が変わっていきます。しかも、美しくなるオマケ付き♪

これはもう、今日からやるしかないですね♪