半身浴ダイエットのやり方と効果を解説!実は危険なダイエット?

半身浴ダイエットのやり方と効果を解説!実は危険なダイエット方法?

どうも!健康的に痩せるをモットーにダイエットのコーチをしている、『体操ドクター』の羽田です。

お風呂って、とても気持ちイイですよね。湯船に浸かっていると気持ちが良くて、つい時間を忘れ長風呂してしまいます。

中でも、半身浴は美容と健康に効果抜群というイメージがありますよね。芸能人でも、台本を読みながら何十分も半身浴をする人がいるというほど、人気で定番の美容法・健康法です。

その半身浴をしてダイエットしようというのが、半身浴ダイエットです。

この半身浴ダイエット。血の巡りがよくなって、体もポカポカ、汗もたっぷりかき、むくみも取れ、さぞ健康的なダイエットで、上手くダイエットに成功すると思われがちですが…。

実は、半身浴ダイエットには危険も潜んでいるんです!半身浴というか、入浴自体に注意が必要なんです!なので、私のダイエット個人レッスンでは、一切おすすめしていません。

実は、国でも「入浴は事故が多いので気を付けてくださいね。」と注意を呼びかけているほどです。

その半身浴ダイエットへの認識を改めてもらうべく、半身浴ダイエットについて詳しく解説していきます。

そこで今日は、半身浴ダイエットのやり方や、半身浴ダイエットの効果、デメリットなど、半身浴ダイエットの全てをお伝えしていきますね。この半身浴ダイエットの記事を読み終える頃には、半身浴ダイエットに対する認識がガラリと変わりますよ!

半身浴ダイエットのやり方と効果

半身浴ダイエットで一般的に行われているやり方をまず説明します。

半身浴ダイエットのやり方

  • 38度~40度くらいのぬるま湯に浸かる。
  • みぞおちから下の部分が浸かるようにする。
  • 半身浴を始めてから15分後くらいで汗をかき始めるので、最低でも20分は行う。目安は約30分がよい。
  • 汗をかき、体の水分が少なくなるので、半身浴の開始前・半身浴中・終了後には、白湯を飲む。

 

次に、この半身浴ダイエットで一般的に良いと言われている効果についてまとめました。

半身浴ダイエットの効果

  • 体が芯から温まり、血液の循環が良くなる。それにより、冷え性の改善やデトックス効果がある。
  • リンパの流れも良くなり、老廃物の滞りを解消し、むくみが改善できる。
  • 疲れが取れる。
  • 汗をかくことで、余分な皮脂や毛穴の汚れ、老廃物が体から出て、美肌効果も期待できる。
  • リンパや血液の流れが良くなるので、代謝がアップし、痩せる体質の体になる。

こうやって半身浴ダイエットのやり方や効果について見てみると、とても良いダイエット方法であり、健康法・美容法であるように思えます。

でも、本当にそうでしょうか?

実は、半身浴ダイエットには体に大きな負担を掛けてしまう危険なところがあるのです。その点をしっかり理解してから、半身浴ダイエットをするかどうか決めることをおすすめします。

半身浴ダイエットや入浴には危険がいっぱい!

浴槽で肩まで浸かる全身浴には、危険が潜んでいるというのをご存知の方は多いと思います。熱い湯は体に良くないと言いますが、その通りです。実は、他にも危険があります。

【全身浴が体に悪い理由】

  • 熱い湯は、血圧の急上昇、急低下を引き起こし、血管や心臓、脳への負担が大きくなる。
  • 体が温まると、血管が拡張して血圧が下がる。すると、脳への血流が低下し、のぼせた状態になり浴槽内で眠くなったり意識を失う危険性もある。事故に繋がるおそれが大きい。
  • 体全体にかかる水圧は1tもあり、心臓や肺に負担が大きい。
  • 体に掛かる負担が大きいので、体が疲れる。体力を消耗する。
  • 冬は時に危険:室内が寒いと、脱衣所で服を脱いだ時に、寒くて血管が収縮し、血圧が急上昇する。そしてお風呂に浸かると体が温まり、血圧は急低下。そしてお風呂から出て室内が寒いと、今度は血管が収縮し、血圧が急上昇する。

入浴には、こういったリスクが存在します。「入浴は、高血圧や糖尿病、高齢者の方は気を付けてください。」とよく言われていますが、健康な人だって体に悪いのは明らかですよね。

健康な人であっても、入浴で気を付けないと、だんだんと血管や心臓・脳へダメージが蓄積されていく場合もあります。

これらの問題は、浴槽のお湯を半分した半身浴であれば問題ないと言えるでしょうか?

半身浴であっても、血圧の上昇と低下によって、ウトウト眠くなります。脱衣所が寒ければ、また血圧の上昇と低下で心臓や体に負担を掛けます。半身浴をして頭がクラっとなったことはありませんか?

それでも「半身浴ダイエットは体に良いんだ!」という方は、ぜひ半身浴ダイエットに挑戦してみてください。私はおすすめしませんが・・・。

ちなみに、1時間の半身浴をして消費されるカロリーは、たったの約100キロカロリーです。おにぎり半分食べたら、元に戻ってしまいます。なので、半身浴自体には痩せる効果はほとんどないんです。

半身浴ダイエットじゃなければ、何がイイの?

半身浴ダイエットのやり方と効果を解説!実は危険なダイエット方法?

まず、体を洗って清潔にするのと、浴槽に浸かるというのは別のことだと認識した方がイイでしょう。日本の文化では、それが一つになって、お風呂と言われていますが、世界のお風呂の常識は違います。他の国では、浴槽に浸かる習慣はないですよね。

なので体を洗う時はシャワー、もし体を温めたいのなら、『足湯』をおすすめします。これなら、心臓にも負担はかかりません。

足湯のやり方は簡単です。まず、大き目のバケツや桶を用意し、足首が浸かるくらいまでのお湯を入れます。そこにズボンの裾をまくって足を入れて、15分~30分くらいすると、全身がポカポカ温かくなります。

アロマオイルやバスソルトを入れると、リラックス効果や体を温める効果が高まってイイかもしれません。

半身浴ダイエットはおすすめできませんが、足湯なら、私は健康法や美容法としておすすめできます。

まとめ:半身浴ダイエットじゃなく、足湯がイイ!

痩せるダイエットで効果を出したいのなら、半身浴ダイエットではなく、他のダイエット方法をおすすめします。他にもダイエット方法は沢山ありますから。

もし、体を温めたいなら、足湯はおすすめです!寒い季節は、温かくなりたいですよね。でも寒い季節だからこそ余計に血圧の上昇と低下が生じ、お風呂での事故が起きやすくなります。

なので、足湯で1日の疲れを取ることをおすすめします。足湯をやったことない方は、「足湯って、ただ足を温めるだけで、何か意味なさそう。」と思うかもしれません。だって、昔の私がそうでしたから(笑)。

足湯をやってみると、予想以上に体全身が温まり、気持ち良くてスッキリしますよ♪

これからも体のことを考えて、健康第一でダイエット成功を目指していきましょう!