人気のダイエット方法!りんごダイエットに痩せる効果はあるの?

人気のダイエット方法!りんごダイエットに痩せる効果はあるの?

こんにちは!若返り体操教室(アンチエイジング エクササイズ教室)で、ダイエットの指導も行っている、『体操ドクター』の羽田です。

食材を使ったダイエット方法は、よくTVで取り上げられますよね。ダイエット方法として、分かりやすいし、手軽で実践しやすいからかもしれません。その翌日には、その食材がスーパーから姿を消すほど売れますし。

そんな食材を使ったダイエット方法で有名なのが『りんごダイエット』。定番で人気のダイエット方法ですね。

「痩せたいのに、どのダイエット方法がイイか分からない!」って時、有名なダイエット方法に、つい手を出そうとしてしまいます。でも、その有名なダイエット方法は、本当に痩せる効果があるんでしょうか?

そこで今日は「りんごダイエットの方法」と、「りんごダイエットは、本当に痩せる効果があるの?」をみていきます。

実は、りんごダイエットは、体に負担がかかるダイエット方法です。私のダイエットレッスンでも、『りんごダイエット』について質問を受けますが、全くおすすめしていません

では、なぜ、おすすめしない『りんごダイエット』のことを、こうして書くかというと、「有名なダイエット方法でも、効果があまりなかったり、体に負担になったりするものもあるよ!」という事を伝えたいからです。

リンゴは、痩せる効果というよりも、栄養がある食べ物というのが、結論です。

まだ、冒頭なのに、結論早っ!!!

とは言え、りんごダイエットは、上手くやれば痩せる効果も期待はできます。なので、りんごダイエットについて、詳しくみていきますね。

リンゴにダイエット効果があると言われるのはなぜ?

 

ダイエット方法:りんごダイエットに効果はあるの?

リンゴにダイエット効果があると言われている理由として、主に4つあります。りんごには、沢山の栄養素が含まれているからこそ、ダイエット効果があるんですね!

(1)りんごポリフェノールには『中性脂肪の抑制効果』がある!

りんごポリフェノールは、5000種類以上あるポリフェノールの一種で、血中の中性脂肪値の上昇を抑える効果があります。血液中の中性脂肪が多すぎると、高血圧・動脈硬化、脂肪肝や糖尿病など、重大な病気を引き起こしてしまいます。それを防いでくれるのが、りんごポリフェノールなんです。

普通、果物は甘く、その果糖は中性脂肪を増加させる原因になります。でも、このリンゴは例外!果物なのに中性脂肪を抑制してくれる効果があるんです!つまり、太りにくくしてくれる効果があるってことです!リンゴすごい!

(2)りんごポリフェノールには『抗酸化作用』もある!

りんごの皮を剥いて、そのまま放置しておくと、すぐに茶色くなりますよね。これは、りんごポリフェノールが空気に触れて、酸素と結合し、酸化するから起こる現象です。りんごポリフェノールは酸化しやすいってことです。

つまり、りんごポリフェノールを摂ると、りんごポリフェノールが変わりに酸化してくれるので、体の酸化を防げる=老化防止になるということです。りんごポリフェノールには、強い抗酸化作用があるんですね!リンゴは、やっぱりスゴイ!

(3)カロリーが少ない

リンゴ1個のカロリーは、約150kcalです。1食に食べられるのは、せいぜい2個(約300kcal)くらいのものです。1食300kcalなら、低カロリーですね。

(4)リンゴには食物繊維が豊富!便秘解消に良い!

リンゴには、水溶性食物繊維の「ペクチン」が、豊富に含まれています。この食物繊維には、腸内環境を整える効果があり、便秘にも下痢にも効果があると言われています。

食物繊維には、余分なコレステロールや、食品添加物を吸着させ、便として排出する効果もあり、大腸ガンや動脈硬化などの生活習慣病も防ぐ効果があります。

つまり、「りんごは、体にイイ!」ってことです。
んっ!?ざっくり、まとめすぎですかね(笑)

りんごダイエット『3つの方法』

りんごダイエットの方法には、3種類あります。それぞれを詳しくみていきます。

  1. 3日間、毎食、リンゴだけを食べる方法
  2. 朝、リンゴだけを食べ、昼と夜は普通の食事をする方法
  3. 夜、リンゴだけを食べ、朝と昼は普通の食事をする方法

3日間、毎食、リンゴだけを食べる方法

この方法は、リンゴを使ったプチ断食ダイエットになります。

3日間だけでも、毎食リンゴなので、
当然、飽きます。
お腹が空きます。
偏った栄養になります。危険です。
でも、痩せます。
後日、リバウンドします。

・・・なんていうか、ダイエット方法としておすすめではありません。

実はこの方法は、デトックスをした結果、ダイエット効果があるというものです。これを100年以上前に提唱したのが、エドガー・ケイシーというアメリカの治療家でした。

その方法というのが、

  • 3日間、朝も昼も夜も全て食べるものは、リンゴだけ。
  • 生のリンゴを食べること。何個でも食べてOK。
  • 摂る水分は、水、またはブラックのコーヒー。水は、いくらでも飲んでOK。コーヒーは、1日2杯まで。

この方法によって、デトックスの効果が期待されます。リンゴに含まれている食物繊維が、体に溜まっている宿便や、老廃物をキレイにしてくれるからです。それが痩せる効果にも繋がるというので、ダイエット方法として伝わってしまったんです。

エドガー・ケイシーは、大変優れた心と体の治療家でした。でも彼のアドバイスは、その人その人に一番合ったやり方でアドバイスをしていたんですね。なので、必ず万人に効果があるものとも限りません。

ましてや、アドバイスの相手は欧米人がほとんどです。日本人の私たちとは、腸の長さも体質も、内臓の強さも違います。なので、日本人の私たちが、同じことをやって、同じ効果を得られるかというと、疑問が残ります。

この方法だと、栄養バランスが偏ることが、誰の目にも明らかですね。体調を崩してしまいます。なので、ダイエット方法としては、私はおすすめできません。

ではどうしたら良いのか?というと、こちらの方法があります。

朝、もしくは、夜にリンゴだけを食べ、他は普通の食事をする方法

1日に1食、朝食か夕食をリンゴだけの食事にするダイエット方法です。他の2食は、普通のバランスの摂れた食事をするというものです。これが通称、『朝りんごダイエット』、『夜りんごダイエット』と呼ばれるダイエット方法です。

【朝りんごダイエットのメリット・デメリット】
■メリット
・生のリンゴには酵素が多く含まれています。一日が始まる朝に食べることで、代謝や消化の機能が高まります。
・リンゴに含まれる果糖が、すぐにエネルギーとなり、脳や体の活動を開始させる力となります。
・食物繊維が豊富にあるので、便通が良くなります。
・りんごを食べるだけというのは、手軽で簡単なので、忙しい朝に適しています。

デメリット
・摂取カロリーが少ないため、運動をするといった場合には、カロリー不足・エネルギー不足となり、体調不良になってしまいます。

【夜りんごダイエットのメリット・デメリット】
■メリット
・夕食の後は寝るだけなので、あまりカロリーを必要としません。カロリーの少ないリンゴを夜に食べることは、カロリーの摂り過ぎを防ぎます。

■デメリット
・朝や昼にバランスのとれた栄養ある食事をせずに、夕食がリンゴだけになってしまうと、栄養不足となり体調を崩してしまいます。
・夕食がリンゴだけだと、夜遅くにお腹が空き、夜食を食べたくなることがあります。

『朝りんごダイエット』にするか、『夜りんごダイエット』にするかは、あなたの生活スタイルに合った方法を選んで行うと良いでしょう。

りんごダイエットを私がおすすめしない理由

りんごダイエットには、注意が必要です。なぜなら、1食だけであっても、リンゴしか摂らないので、栄養が偏ったり、不足したりするんです。それによって、体調を崩すことにもなりますので注意してください。

【りんごダイエットのデメリット】

  • 栄養が偏る。お腹が空く。
  • リンゴを食べるのに飽きる。
  • 消化するのに胃に負担をかける。
  • リンゴしか食べれず、我慢するのでストレスになる。
  • りんごダイエットを止めると、りんごの時よりも多くカロリーを摂ってしまうので、リバウンドしやすい。

りんごダイエットで注意すること:「皮ごと食べる」について

「りんごの皮には、栄養が多く含まれているので、皮ごと食べましょう!」と、よく医師や栄養の専門家もおっしゃいます。ダイエットのサイトや専門家も、皮ごと食べることをおすすめしているところがほとんどです。

でも、それには、賛成できません。なぜなら、皮には栄養も多いけど、毒も多いからです。毒というのは、農薬の成分など、体に悪いものの事です。

皮のついた野菜や果物は全般的に、外側にいくほど、栄養が多く含まれています。が、それと同様に、悪いものも外側に多く含まれています。つまり外側は、良くも悪くも栄養分が濃いってことです。

何十年もその土壌が農薬を使ったことのない土地で、農薬を使われずに栽培された完全無農薬のリンゴなら、皮ごと食べても問題ないでしょう。でも、スーパーには、そうでないリンゴが沢山売られています。りんごも様々なので、たとえ綺麗にリンゴを洗ったとしても、「リンゴは皮ごと食べましょうね!」とは、私は言えません。

美容や健康のTV番組や、医師が「〇〇は体にイイ!」と言ったとしても、鵜呑みにせず、何が正しい情報かを、自分自身で判断してください。それが、美容や健康にとって、とても大切なことです。そうしないと、良いと思っていたものが、体の毒になってしまうこともありますから。

じゃぁ、りんごダイエットは、どうしたら痩せる効果が出るのか?

ここまで読まれて、「やっぱり、りんごダイエットで痩せたい!」という方のために、どうしたら『りんごダイエット』で痩せる効果を出せるのかをお伝えします。

りんごダイエットで痩せる効果を出す方法

  • 朝か夜のどちらかは、基本的にリンゴだけにするが、体調を考え、「りんご以外も食べちゃお!」という感じで、無理はしない。(⇒我慢は、ストレスとなり、リバウンドの原因にもなるので。)
  • りんごのすりおろしが消化吸収に負担がかからなくて良い。
  • りんごに飽きるので、ヨーグルトをかけたり、スムージーにしたりと、バリエーションをつける。
  • りんごの皮は剥く。
  • リンゴだけの食事以外の2食を、きちんと栄養バランスを考えて摂る。

まとめ

りんごダイエットを実践した人は、「リンゴに食べ飽きる」「りんごダイエットを止めるとリバウンドする」という結果になりやすいので、気を付けて実践してくださいね。

リンゴには、様々な栄養分が多く含まれていて、体にイイ食べ物です。無理せずにりんごダイエットを続けられる人には、良いかもしれません。

今日のこの記事を読んで、りんごダイエットをしている自分をイメージしてみてください少しでも、「りんごダイエットは大変そうだな~」「続かなそうだな~」と感じる場合には、りんごダイエットは、あなたに合っていないかもしれません。

自分でイメージして、「これなら私にも無理なく実践できる!」というダイエット方法を実践してくださいね!ダイエット方法は沢山ありますから。ダイエット成功にとって一番の秘訣は、我慢することなく実践できることですので。

若返り体操(アンチエイジング エクササイズ)│体操ドクター:羽田知史

 

どうしても、ぽっこりお腹が凹まない方、必見!

【今だけ無料!】メール講座 

ぽっこりお腹痩せダイエット│健康ダイエット方法で下腹解消に成功


【ぽっこりお腹解消法 “秘密の7ステップ”】

~健康とキレイを手に入れる~

 

【1日目】重要!どうすれば痩せるのか?全体像を知る
【2日目】太る本当の原因とは?
【3日目】9割が間違っている!健康的に痩せる方法
【4日目】企業秘密の超簡単エクササイズを大公開!
【5日目】一生使える健康ダイエット食事法
【6日目】辛いのは嫌!辛くないダイエット法とは?
【7日目】三日坊主を乗り越える秘訣 “習慣にする方法”

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です